アクティブ・ラーニング日記46   2017.2.2   三浦二三夫 発

ドリル学習で倫理観を鍛える

 3学期に入り、私が担当する週1回の2年生LA国語は、同訓異字、同音異義語、類義語、対義語など、漢字のドリル学習が続いている。

 ドリル学習はアクティブ・ラーニングに向いていないとか、『学び合い』ができないとか、というイメージが強いと思う。しかし、『学び合い』を続けることで、ドリル学習の時間でさえ、社会的な能力や倫理的な能力を高める場になる。

 この日のクラスのSN君はなかなか授業に参加したがらない生徒である。ひどいときは、1コマの間、机に顔を突っ伏したまま過ごすことがある。3学期に入ってから、ドリル学習が続き、彼の状態は加速した。クラスも全員クリアもできない時間が2回ほど続いた。

 そして、今日(2月2日)、ちょっとした前進が起きた。

 いつものように、突っ伏していたSN君が終了10分前に、鉛筆を握り、ドリルを埋め始めたのであった。

 ここ、2~3時間TR君が、後ろの席から、ちょんちょんとSN君の背中をつついている姿があった。時には近寄って様子をうかがっていることもあった。その動きをTR君は今日も続けていた。

 今日は、さらに新たな動きが加わった。RNさんとMNさんが、働きかけたのである。彼女たちがやり終えたプリントを、SN君の前に差し出したのである。「ちょっとあんた、これをやりなさいよ」という感じであった。

 それに反応して、SN君はむくりと顔を上げ、プリントを埋め始めた。

 彼は、結局、課題をクリアした。

 このクラスには、前の時間「勇気を呼び起こす」という話をした。

 アドラー心理学の受け売りなのだが、協働してことに臨むとき、共同体感覚を持っている人は、特に勇気を奮わなくても、そのコミュニティのために行うことに参加していく。しかし、勇気をくじかれた人は、参加することに足踏みし、時には、周囲を腹立たせることで目立とう試みようとする、あるいは、引きこもってしまう。こうした人を勇気づけてあげることは大切だ。

 実はコミュニティから抜け出そうとする人を、戻すことができるのはコミュニティだけなのです。一人も見捨てない集団の真価が問われているのです。

 だから、勇気がくじかれている人は、勇気づけてやろう。そんな話です。

 何人の生徒がそのことを理解したか分かりません。

 しかし、実際にSN君の周りの、数人の生徒は彼を勇気づける行動をとっています。

 SN君は、ちょっとどや顔で、黒板にある自分の名札を、クリアのエリアへ移動させました。

 この日、このクラスは、全員クリア達成できました。

 しかも、何人かの生徒には、明らかな社会的な能力の前進が見られました。

 少しばかり、感動した私でした。

アクティブ・ラーニング日記42   2016.12.8   三浦二三夫 発

体験学習の効果~しなやかに課題を乗り越える

『学び合い』ができる学習集団を育てていくこと、作っていくことが、矢本一中の本年度の研究テーマでした。『学び合い』を実践しようとすると、他の学習との関わり合いによって、良い方向に向かってほしいと思ってしまいます。これは「『学び合い』ができる集団をつくる」ことに限らず、すべての学習に言えることではあるでしょうが。

2学年の職場体験学習は生徒に大きなものをもたらしたようです。

『学び合い』の授業でも、集団に変化が生まれているように感じます。

ここ、1、2週間の2年生の各学級での取組の様子を振り返ります。

11月29日(火)

 このクラスでは予定した時間を5分も縮めて「全員クリア」を達成しました。

 グループ学習を核に進めていたのだが、その話合いの内容が面白かった。

 「和食と洋食どちらがよいか」という題材で、Bさんが「洋食がよい」という立場で根拠述べていることに対する反論を考えるのです。

グループは9つなので教師一人ですべてのグループの話合いの様子を見取ることは不可能ですし、しようとも思いません。それは、リフレクションシートでカバーしています。へたに話合いに介入して生徒の思考の流れを断ち切るのももったいありません。ともかく「聞き耳頭巾」に徹します。そして、行き詰っている生徒と学習の進んでいる生徒を繋ぐことに意を砕きます。

その中で、耳に入ってきたあるグループの話合いに面白いものがありました。

「洋食と和食の境目はどこか?」という話題になっていたのです。これは、教科書の教師用の指導書には出ていない考え方です。教科書編集者は「和食と洋食」が厳然と区別できるという前提でつくてっていることが分かります。このことは、少し教材研究をすればわかることなのですが、そうした分析を生徒もできるのだということが分かります。

以前の私なら、自分の教材研究と生徒の見解がばっちりあったので、鬼の首を取った恋持ちになり、次のような展開に持って行ったかもしれません。

「(上述の話合いの中身を取り上げて)Aのグループで境目があいまいという話合いがありました。いいところに気が付いたね。教科書ではこうしたあいまいなところがあったりするのだね。だから自分で考えるということが大事なんだよ。」

これでは、教科書を貶めるだけです。生徒が勉強の糧にしているのは教科書ですから、とどのつまりは、生徒が勉強していくかに混乱を与えることになります。

しかし、『学び合い』を進めることで、生徒の知性を信頼することが、ちょっとはできるようになったのかもしれません。生徒の話合いの進行を見守ることにしました。

さて、生徒はこのハードルをどのように乗り越えたでしょうか?

私が、聞き耳を立てていたグループは、つぎつぎに料理の名前を挙げて、これは洋食、これは和食、というふうに分類していっていました。(これはもしかして帰納法という思考法ではないか、と私は思いました。)

ほかのグループでも、同様の話合いになっているグループがいくつかありました。

(さすがに、「和食とは」「洋食とは」と定義を明確にし、それに当てはめて分類するという演繹的な思考法をとるグループはありませんでした。これは、振り返りの時間に、こうした考え方もあるのだと、私のほうから説明しました。)

そんな、話合いの中で「これは中華だよ」というのも出てきたりしています。和食と洋食が1対1で対立するものでないことにも気づいたようです。

こうそいた具体的な分類作業が実は和食や洋食のプラス面、マイナス面をとりあえず設定するという、教科書の目的に沿う考え方に近づいて行ったようです。

私のように、無碍に教科書を否定するのではなく、マイナス面を克服しながら、結論へたどり着いて行ったのです。

この過程で、次のような声がけをする生徒もいました。

「○○くんが、終わらないと全員終わらないよ。(だから、頑張ろう)」

この声に、いやいやながらも○○君は、意見をノートに書くという作業を遂行しました。

12月1日(木)

 この日のクラスでは、自分で問題を考えたり、選んだりして、その根拠を5つ考え、3人以上からサインをもらう。という課題でした。

 この際に、取組が不十分そうな人への声の掛け方が、その生徒の意欲を削がないような声掛けをしていて、柔らかいなという感じを受けました。一人一人に応じた声がけができるのだなと思いました。

 サインを求める動きでも、特徴的なものがありました。

 一つは、まだ、書き終えていない、というより、行き詰っていそうだなという生徒に、サインを求めるのです。求められた生徒は、少しでも内容に目を通します。そうすると、サインを求める行為が、他の生徒にヒントを与えるということにつながっています。

 また、信頼のおけそうな人にサインを求めるという人もいました。この生徒は、普段付き合いがなさそうな生徒にもサインを求めていました。

 また、グループの中で、サインを求めている生徒もいました。グループは同じ問題で考えているので、意見を完成したときには、お互いがその内容を了解しているので、責任を持ったサインになるのでした。

 また、5つという数はそれなりのハードルを与えるようで、多くの生徒はすんなりと5つに到達することはできないのでした。3つや4つで行き詰る生徒が多いのでした。この行き詰まりは生徒に本気の学習を促します。

 このクラスは、全員クリアできました。

12月2日(金)

 このクラスは、あと一人というところで時間になってしまいました。

 しかし、最後の一人も全く手が届かなかったというわけではなく、一つ半という感じでノートに書きながら、考えている途中でした。

 このクラスの課題は「5つの根拠から3つを選び、反論を予想し、再反論まで考える」というものでした。

 まさに、以前経験した学習を生かす学習ですが、ノートをひっくり返して思い出そうとしている生徒がいました。

 初めは、どこから手を付けようかという生徒が多かったのですが、上述の作業をする生徒が出てくると、たちまち「やる気の上昇曲線」に乗りました。

 「もう少し、やる気の切り替えが早くできると、全員クリアが出きたに違いない。次回は期待している」

 そんな話をして、授業を終えました。

アクティブ・ラーニング日記43   2016.12.14   三浦二三夫 発

学習の創造

最近、2年生の学習への取組が変化してきているなと、感じていた矢先、期待を超える動きを発見してしまいました。12月13日(火)の授業です。

このクラスは、最近2連勝しています(つまり、全員クリアを2回続けて達成しています。)。調子がいいのです。

この日の課題は、「前回書いた5つの根拠から、3つを選び、それぞれに反論を考える。さらに、その反論に再反論する。」というものです。

その学習に取り組んでいるとき、写真のようなノートを見つけました。

これは私がよくディベートの教材研究で使うものです。

この生徒は「日本語は縦書きがよいか、横書きがよいか」という課題を立て、「縦書きがよい」という立場で根拠を5つ考えました。(ここまで前時)

今回は、この5つの根拠から3つ選び、上下に分けた下段に書き並べました。そして、反論の枠、再反論の枠を作り、そこに書きこんでいきます。

ちなみに上段には横書きの意見がちょっと出ていたりします。これは、万一立場を変えたときでも、作り直す必要がありません。上段にも考えたことを記入していけば、まさにディベートの教材研究そのものです。

f:id:sonarematsu:20170128174625p:plain

この写真は、作業途中のものですが、まさに、学習を創造していることだと思います。この生徒は、誰かに指示されたり、教えられたりして作ったわけではありません。その生徒の創造です。

この生徒の後ろの生徒も同じような図表をつくっていましたが「(前に座っている)○○さんのをパクりました」と笑っていました。学習は広がります。

アクティブ・ラーニング日記45

学校で思いついたときに書いて、先生方に見ていただいています。最近のものを紹介します。

 

アクティブ・ラーニング日記45   2017.1.10   三浦二三夫 発

メンタル・モデル

前号の「推論のはしご」「探求」は私たちに重要な示唆を与えてくれます。メンタル・モデルという考え方です。

「学習する学校」から引用します。

「こうしたメンタル・モデルは、きちんと検証されて表面に出されることがないため、子どもたちの悲劇につながることさえある。ある統計によれば、いじめは生涯に渡って続く性癖で、教員から「いじめっ子」と見なされた中学生は、69%の確率で大人になっても軽犯罪の履歴を持つことになるという。しかし、それは教員や管理職員が、『その子はいじめっ子だ』というメンタル・モデルをもち、その前提の基に接したからではないか。あるいは、その子は『いじめは問題解決に極めて効果的だ』というメンタル・モデルを持ち、この思い込みに対し、安全な形で、説得力ある反対議論を仕掛けて指導するメンター(相談相手、助言者、指導者)を持たなかったのが原因ではないか。

メンタル・モデルへの対処の実践は、『私たちの目には、視界を遮るガラス板のようなものがある』ことを知ることを助け、もっと役に立つ新しいメンタル・モデルを生み出すことによって、そのガラス板の形を作り変えるのを助けてくれる。この実践の肝となる二つのスキルがある。それは『振り返り(リフレクション)(思考プロセスのテンポを遅くして、どんな風にメンタル・モデルを作るかに自覚的に気づくこと)』と『探求(インタワイアリ)(自分の見方を他の人とオープンに共有し、お互いの前提についての知識を高め合う対話をすること)』である。」

さらに、教員は保護者が生徒の教育を妨げる最大の要因だというメンタル・モデルを持ちやすく、保護者の方は学校は自分たちの意見を受け入れてくれないといメンタル・モデルを持ちやすいと言います。

このメンタル・モデルのすり合わせなしの状態でいれば、保護者と学校の間に何らかのトラブルが生じてくるのは当然だと思います。

私は、コミュニティ・スクールの実践にとても賛同しているのですが、生徒、教員そして保護者のコミュニティ・スクールへのメンタル・モデルのすり合わせなしに進めてしまうと、近い将来、形骸化していくのではないかと思っています。

すり合わせをどうするかのアイディアはあります。これは学年始の保護者会に対するアイディアと似ています。

1 なるべく多くのコミュニティ・スクールの関係者に一堂に会してもらう。

2 いくつかのグループ(5,6人ぐらいの話しやすいグループが良いかも)に分かれ、コミュニティ・スクールへのイメージを話し合い、いくつかの条項にまとめる。(保護者のメンタル・モデル、地域の人々のメンタル・モデル)

3 前もって、アンケートや学級会などでまとめていた生徒が持つコミュニティ・スクールへの期待を、講堂のステージなどにドーンと発表する。(生徒のメンタル・モデル)

4 これに並べて校長のコミュニティ・スクールに対する方針や、教員の期待などを発表する。(校長の見解と教師のイメージが一致していると理想ですが。)(校長や教員のメンタル・モデル)

5 3つのメンタル・モデルの違いから導き出される課題をまとめる。

 1回目のセッションはこんな程度でしょう。長い間培われたそれぞれのメンタル・モデルが一朝一夕で変化するはずがありません。しかし、このセッションで少なくとも課題は浮かび上がるでしょう。

1回目のセッションを無難にこなそうと思ってはいけないと思います。もしかしたら、ここで出された課題をともに乗り越えることでより理想的なコミュニティ、つまり「学習するコミュニティ」に生まれ変わるかもしれないからです。

 また、1回目のセッションで、課題ごとのプロジェクト・チームの結成になるかもしれません。そうすれば、より有効な小集団での話し合いが行われることでしょう。

 また、あるグループでは生徒の参加の必要性が語られるかもしれません。

 これは、もしかしたら生徒がより主体的に学習するための起爆剤になるかもしれません。生徒が地域に関わることで「生徒の力で地域を変えることができる」ことを時間できる場になるかもしれないからです。(この時に、大人が用意した路線で生徒が地域に関わるということは避けた方がよいかもしれません。生徒のアイディアが生かされる、という方向で持っていかなくてはならないと思います。「やらされ感」が残るか、自分たちで「やった感」が残るか、の違いだからです。これはそれ以降の主体的な学習の成立、ひいては生涯学習につながるからです。)

 もちろん、地域や保護者の中にはより積極的に学校と関わりたいと思っている方がたくさんいらっしゃいますから、その力を発揮することもできるでしょう。

 こうしたことを進める上で、基本となるのがメンタル・モデルのすり合わせでょう。

 それは、前号の「推論のはしご」と「探求」が大きな武器になるはずです。

 こうした実践の中で、メンタル・モデルのすり合わせが、コミュニティ・スクールに対する新たな、そして前向きのメンタル・モデルを作り上げていけるといいなと思います。

こうしたセッションを繰り返し、コミュニティを巻き込んだコミュニティ・スクールのメンタル・モデルと実践を作り上げていくのです。

 

妄想が広がってしまいました。

しかし、保護者会でもコミュニティ・スクールでも、学校に対して学校に関わるそれぞれが違ったメンタル・モデルを持っているということを自覚しておくことは、重要なことだと思います。

それは不要な衝突を少なくし、モンスターと呼ばれる人まで人材へ変えることができる可能性を持っています。

しかし、メンタル・モデルのすり合わせの視点を持っていないと、次第に話し合いは形骸化し、教員は地域からの要求が多すぎると感じるようになり、保護者はコミュニティ・スクールになっても何も変わらないと思うようになり、地域の人は学校に期待することは何もないと感じるようになるでしょう。そして、学校というシステムの中心にいる生徒は、地域や学校に魅力を感じなくなり、コミュニティから逃げていくことになります。

目先の形式をつくることにこだわらず、時間がかかっても、コミュニティ・スクールに対する、前向きなメンタル・モデルを作り上げる方向に、学校全体(生徒、教員、保護者)が動き出すことが大切なのだと思います。

たくさんの人々を束ねるのですから、時間がかかるのは当然です。しかし、これを小手先や、目先の改革や改善でごまかすと、急ぐために車間距離を詰めて、渋滞を引き起こすことになりかねません。

全校『学び合い』学習に挑戦しました

1月10日全校『学び合い』に挑戦しました。

昨年11月に計画していたのですが、会場の貸借関係で延期し、延期した日に津波警報が出るなど、のびのびになっていたものです。

当日の様子を伝える新聞記事を載せます。

記者さんが目の前の授業の様子を「昭和」の感覚でとらえたせいか、授業の流れ自体を誤解した記事になっていますが、報道されたので素直に喜びたいです。

f:id:sonarematsu:20170124155909j:plain